広報誌/会報誌/社内報/冊子/パンフレット/フライヤー他、ページデザイン全般
デザインルーム ヘルベチカ
デザインルームヘルベチカ
ご案内 制作の流れ 印刷方法 内容と予算 広報誌作品集 その他作品集 ダウンロード お問い合せ
先割りレイアウト
お客様の声
広報誌の企画案
低予算向け
予算を抑えるコツ、スピード発行のコツ
写真の解像度に注意
圧縮ファイルの作り方
広報誌作品集
その他作品集
広報誌のレイアウト用紙
お問い合せ
サイトマップ
デザインルーム ヘルベチカ

圧縮ファイルの作り方(写真でもオフィスデータでもひとまとめに)

複数ファイルを1個のフォルダにまとめれば、1回で送信できます
たとえば、10個のファイルを10回メール添付するところを、1回(1個)で送れます。容量も少なくできますし、転送サービスを使う場合でも手間が少なくなります。

●まずはデスクトップに「新しいフォルダ」を作ります。
これに名前をつけます。ここでは「p01材料」という名前のフォルダにします。

●この「p01材料」フォルダに必要なテキスト、写真、指示書など複数のファイルをバラバラっと入れます。

●この中身が入った「p01材料」フォルダのアイコンの上で右クリック →送る→圧縮→ジッパーのアイコンになります。

●「p01材料.zip」が別に出来上がります。これをメール添付か、転送サービスで送信。

続けて、p02-材料、p03-材料とページごとに作って送ってください。

★こちらの動画が参考になります。
https://www.youtube.com/watch?v=OaH7B-CA5Fw

※材料の区分けを分かりやすくするなら※
フォルダを階層分けして、グループごとに分ければ、さらに分かりやすくなります。

たとえば、「p01材料」フォルダ中に、バラバラで「Aの材料」「Bの材料」が存在するとします。これを整理します。
「p01材料」フォルダ中に「p01-A」「p01-B」と名前を付けたフォルダを作ります。この2つのフォルダのそれぞれに必要な材料を振り分ければよいわけです。
それができたら、上の階層に戻り「p01材料」フォルダごと圧縮します。

ここまでの説明で、分からなければ、バラバラでも良いのでメール添付で送信ください。

データが大容量でメール添付できない場合は、下記「データ転送サービス」をご利用ください。
http://www.datadeliver.net/
http://firestorage.jp/
https://okurin.bitpark.co.jp/index.php

トップへ戻る