広報誌/会報誌/社内報/冊子/パンフレット/フライヤー他、ページデザイン全般
デザインルーム ヘルベチカ
デザインルームヘルベチカ
ご案内 制作の流れ 印刷方法 内容と予算 広報誌作品集 その他作品集 ダウンロード お問い合せ
先割りレイアウト
お客様の声
広報誌の企画案
低予算向け
予算を抑えるコツ、スピード発行のコツ
写真の解像度に注意
圧縮ファイルの作り方
広報誌作品集
その他作品集
広報誌のレイアウト用紙
お問い合せ
サイトマップ
デザインルーム ヘルベチカ

写真は必ず高解像度で!

デジカメの設定は高解像度(大きなサイズ)2000ピクセル程度〜それ以上
データ容量はキロバイト単位でなく、メガバイト単位のものを提供ください。

写真のデータ容量があまりに軽いもの(小さいサイズ)は印刷には使えません。あらかじめ撮影時にはデジカメの画質設定を高解像度(大きなサイズ)で必ず撮影してください。もっとも大きく使う写真は、そのカメラの一番高解像度の設定にして撮影してください。

写真のサイズと容量の目安
撮影した写真の情報を見れば、だいたいどれくらいの大きさで使うことができるか確認できます。下記はその一例です。
A4サイズの1/2(210mm×148mm)=3100pix×2067pix
A4サイズの1/8(105mm×74mm)=1550pix×1033pix

解像度自動計算機(外部リンク参照)があります。
「出力したいサイズ(pixelからmmへ) 」で計算します。何ピクセルの写真が何mmになるのか見てみましょう。

まずは自分が調べたい写真のプロパティを見ます。
写真の情報の見方(例)
写真のアイコンの上で「右クリック」→「プロパティ」→詳細タブの中に
「大きさ 3888×2592」「解像度72dpi」というところを見てください。

プロパティ

先ほどの解像度自動計算機(外部リンク参照)へ戻り、「出力したいサイズ(pixelからmmへ) 」で下記の様に入力します。解像度は350dpiにし、計算ボタンを押します。
(印刷用には350dpiに換算します)


出力サイズが282mm×188mmと出ました。約A5サイズで使えるのが分かります。

大は小を兼ねる
小さく使う写真でも、後になって拡大するとモザイクが大きくなってしまいます。「写真は何でも高解像度」と覚えておいてください。(仕上がりサイズによって異なる)

写真が大容量でメール添付できない場合は「データ転送サービス」(下記)をご利用ください。
http://www.datadeliver.net/
http://firestorage.jp/
https://okurin.bitpark.co.jp/index.php

トップへ戻る