広報誌/会報誌/社内報/冊子/パンフレット/フライヤー他、ページデザイン全般
デザインルーム ヘルベチカ
デザインルームヘルベチカ
ご案内 制作の流れ 印刷方法 内容と予算 広報誌作品集 その他作品集 ダウンロード お問い合せ
先割りレイアウト
お客様の声
広報誌の企画案
低予算向け
予算を抑えるコツ、スピード発行のコツ
写真の解像度に注意
圧縮ファイルの作り方
広報誌作品集
その他作品集
広報誌のレイアウト用紙
お問い合せ
サイトマップ
デザインルーム ヘルベチカ

制作の流れから納品まで(要必読)

入稿から納品までは約20日〜30日です。ページ数や作業量、入稿状況、校正やりとりの期間によって異なります。 〈A4-8Pの例〉 制作5日+校正やりとり7日+印刷7日

【まず第一にすることは】
特にPTA広報誌では、企画内容を先生と役員に承認をとりましょう!

決定権は学校です。昨年と同じでよいと思っても、念のため校長や役員に確認しましょう。慣例どおりでも新しい企画でも、また予算や仕様についても注意が必要です。
これを踏まえて、さあ作業にとりかかりましょう!

[1]ラフレイアウトを提出(お客さま作業)
どのページに何を載せたいかラフを紙に書いてFAXまたは、スキャン・写メなどをメール添付。レイアウト用紙が必要な場合は「ダウンロードからご利用ください。
冊子の向きである「たて組み(右綴じ)」「よこ組み(左綴じ)」は最初にお決めください。下図のようなイメージでザックリで構いません(^_^)
ラフが描けない場合は、何ページに何を載せたいかを文章で箇条書きでけっこうです。
「なにしろ初めてで、まったく分からない」という場合は見積もりの段階でご相談ください。
細かいお話しはお電話で承ります。

↓↓↓書き方例 ↓↓↓

広報誌/広報紙

2ラフレイアウトをもとに先割りレイアウト(当方作業)
[1]のラフを参考に、おおよそのレイアウトと文字数を出し、PDFにしてメール添付いたします。必要であろう、タイトルや見出しも仮で入れておきます。

先割りレイアウトの一例
広報誌/広報紙 

[3]原稿依頼・写真撮影・取材を開始(お客さま作業)
[2]でお送りしたレイアウトには、文字数○○Wと表記をしますので、その文字数で原稿依頼してください。指定の文字数は満たすようご注意ください。多い分には削れますが、少ない場合は穴埋めを考えなければなりませんので、ご注意ください。
【原稿依頼時の注意】
広報委員以外の方に原稿依頼をする時は、上記の指定文字数を守っていただくのはもちろんですが、文字数がオーバーした場合は広報委員で編集してよいのか、短く書き直してもらえるのかを確認してください。
★ご自身で文字数やラフレイアウトが決められれば、先割りレイアウトの作業は省きます。最初の入稿から「ラフ」「テキスト」「写真」をご用意ください。

人物紹介写真の撮り方、注意事項はこちらをご利用ください。

[4]原稿・写真が揃ったら、入稿開始(お客さま作業)
[3]のレイアウトに訂正・追加・削除がありましたら、それも指示してください。
(注)この段階で大きく作り直す場合は、別途料金が発生する場合があります。(応相談)
●メール入稿の場合
テキスト・写真はメールにて送信ください。(重くて送れない場合は「おくりん坊」 「データ便」などをご利用ください)
テキストはWordかメモ帳で横打ち、左詰めでベタ入力してください。(文字だけ必要なので、レイアウトしなくてよいです)

記事ごとに写真とテキストデータをフォルダに整理して、圧縮ファイルで送ってください。

★圧縮ファイルの作り方動画が参考になります。
https://www.youtube.com/watch?v=OaH7B-CA5Fw

●郵送入稿の場合
手書き文字原稿のコピー(少ない枚数ならFAX可)。と、プリント写真を郵送。(デジカメはメール送信)
(注)文字入力やスキャニングが多い場合は応相談。
(注)写真の解像度にご注意ください。

[5]本格的に文字の流し込みとデザインレイアウト(当方作業)
原稿材料が揃ったところから、訂正など反映しながらデザイン作業にかかります。

[6]1回目の校正(お客さま作業)
デザインが仕上がったら、校正をPDFでメール送信いたします。それをご自身でプリントしたものに赤字訂正を記入し、FAXで戻すか、校正紙をスキャンしてメール添付してください。(見えない部分はお電話で折り返します)
(注)簡単な文字直しであれば、メールで指示で結構です。
〈メール指示での例〉-------------------------------------------
●3Pの教職員紹介で、山田先生→山口先生 へ直す。
------------------------------------------------------------
誤字・脱字、訂正箇所などお見逃しのないよう、流用部分も要校正してください。
校正指示記号はこちらを参考ください。

[7]2回目の校正(お客さま作業)
[6]を修正したPDFを再度お送りします。ご納得のいくまで、修正やりとりいたします。(※あまりに大きな直しや手間がかかる場合は、別途料金相談)

[8]最終仕上がり校了(当方作業)
最終的にお客様からOKがでましたら、印刷発注します。通常なか7日納品。(データ作成のみは、仕上がりデータをメール納品)。

(注)当方で校正紙(簡易校正紙・本機校正)は出力いたしません。写真の解像度、色味はモニタでご確認ください。印刷仕上がりの色とは近似値となります。カラー出力紙が必要な場合は、コンビニのマルチコピー機をご利用ください。早く安く出力できます。
(注)印刷発注後のデータ修正、印刷仕様の変更はできません。(進行状況によっては可能)
何日も先に納品日を伸ばすことはできません。(万が一刷り直しが発生した場合の予備日)

[9]印刷行程へ進みましたら、請求書をメール送信しますので、指定口座にご入金ください。確認後、領収書を郵送致します。お預かりしている原稿類も同時に担当者さまへお返し致します。

(注)印刷物が到着したらできるだけすぐに中身をご確認ください。 (到着後放置されたのち、印刷ミスに気がつかれても刷り直しできないため)

トップへ戻る